社長挨拶

 

 皆様には日頃からご支援並びにご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 株式会社テンセイジャパンは、創業以来の「もったいない」を合言葉に、食品ロスの 削減に邁進する所存でございます。

 

 弊社は、事業系食品ロスの代表格である、年間60万トン以上排出されるスーパーフード「おから」に着目、おからは水分やたんぱく質が豊富で腐敗しやすい物性を持ち、この物性を何とか克服したいと言う一心で食材乾燥機「転生」の開発に成功し「乾燥おから」として食卓に戻すことができました。
 昨今、日本人の食の欧米化に伴い、糖質制限を受ける方々、良質な植物性たんぱく質および食物繊維摂取不足、小麦アレルギーの方々が増加し、それらを解消するための一役を担ってきております。
 食材乾燥機「転生」で乾燥した「乾燥おから」は、豆腐生産時に出るバイプロから良質な製品へとの認識が強くなってきているのを実感しております。

 最近では国際連合工業開発機関(UNIDO)を通じアフリカ スーダン共和国にも食材乾燥機「転生」が導入され、「Okara Powder」を生産できるようになりました。
 食材乾燥機「転生」は世界でも通用する乾燥機だと確認することができました。
また、おからだけに留まらず捨てられ続ける食材を乾燥することで、これからの時代背景にあった食品の在り方について貢献してまいりたく存じます。

株式会社テンセイジャパン
代表取締役社長 松山一寿